back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ラヴジョイ彗星  2014/12/28 (Sun)
LJC2.jpg
↑Comet Lovejy(C2014 Q2) 2014/12/27 Mt.UNE EOS6D+EF135mmF2→ISO1600,F3.5,2min

今朝は4時の帰宅。
(。´_`)ノオハァ~

もう年内はないと思っていましたが、
☆友Mさんより、
GPV天気予報では、
今夜は午前3時位まで晴れるとの甘いお誘い・・・

先日のことがあったので、
あまり期待せず遠征(宇根山)しました。
※25日は晴れの予報なのに降雪でひどい目にあいました。ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

結果、
本日は好天に恵まれ、
午前3時半までたっぷりの星撮りごんべいさん。
また、突然竹原のKさんが現れびっくり!
長い露出時間も3人でおしゃべりしていたらあっと言う間。
ヽ(゜▽、゜)ノ

今が旬のラブジョイ彗星も双眼鏡でよく見えました。
せっかくなので、
ダーク、フラット補正もしていない1枚画像ですが、
※レベル補正のみ。(PSE11)
速報と言うことで掲載します。

本日のメインは、
オリオン三ツ星付近(バーナードループを含む。)の長時間露出でしたが、
EF135mmF2とIR改造で撮った画像は、
1枚でもすばらしい写り。
お正月にじっくり画像処理処理して公開したと思っています。
こうご期待です!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FL1352.jpg
↑三ツ星付近/2014.12.25(EOS6D(SEO-SP4)+EF135mmF2→F3.5,2min(3枚コンポジット)) ダーク、フラット補正なし。

☆友のMさんに誘われ今年最後(たぶん)の遠征に出かけましたが・・・

1時間かかって(赤道儀はMTS-3SD改造で、まだ慣れておりません。)
やっと赤道儀とパソコンの準備ができたのに、
空は怪しい雲行き。

うす雲の通過に阻まれ、
1分の露出がままなりません。
とうとう最後は雪模様。
Σ(´Д`lll)

本当は2時間露出してM78~魔女の横顔まで一網打尽と行きたかったのですが、
露出時間はたったの2分です。
際立った写真ではありませんが、
いちおうEF135のファーストライトです。
また、自作バーティノフマスクのテストと言うことでもあったので、
ブログに掲載しました。
※バーティノフマスクは基準よりスロット数を増やしたのでピントも合わせやすかったです。
そこそこのピントが出ました。

EF135mmF2の星像は小さくて鋭くて、
ズームと比較するのもなんですが、
EF70-200mmF2.8と比較すると話になりません。
今後が楽しみです!
b( ゚∀゚ ) ニ゙ッ

このレンズは開放付近で撮ると、
ハイライト部分に赤いニジミが出るとのことで、
少し心配しましたが、

FL135t1.jpg
        ↓
FL135t2.jpg
↑開放で撮ると、ハイライトとの境界に赤いニジミが出ます。
※作例は、赤外改造カメラで撮っているのでマゼンタにカブッています。

二段程度絞ると影響はほとんどなくなります。
まあ、明暗差の激しい被写体を撮ってみて目につくことなので、
そのことを頭に入れて撮影すればいいと思います。

それより、
開放付近のおそろしく美しいボケ味に思わずゾクリ!
(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
と物欲がムラムラと・・・
一般写真撮影用にもう1台フルサイズが欲しい。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
k2.jpg
↑FCT76用とバーティノフマスク

天体写真を撮る上で肝心なのはピン出し。
※オートフォーカスは×、たとえ合焦しても信用できません。
横着な自分は、
明るい星を使いカメラのモニターを見ながら”エイヤー!”と手動でピン出ししていましたが、
この方法は当たり外れが多くピンボケを量産。
※ほんのちょっとだけピントがボケているのは気分が悪い!
(*´Д`)=3ハァ・・・

バーティノフマスクを使うとピントが出るのは知っていましたが、
カメラレンズや小口径用のバーティノフマスクは売っていません。
※小口径・短焦点のものほどスリットが細くなり制作が困難。
┓(;´_`)┏

不器用なので自分で作るのは困難と思っていたら、
OHPシートフィルムでも実用できる旨ネットで発見。
と言うことで、
何とか見よう見まねで作ってみました。
フィルターは透明なOHPシートフィルムにインクジェットプリンターで印刷。
フィルター枠は一番工作しやすい厚紙で制作しました。

k5.jpg
↑OHPシートフィルム

【作成データ】
作成は勿論 Bahtinov Focusing Mask Generatorで、
入力データは
①焦点距離(Focal length) → 345mm(FCT76にレデューサーを付けた状態)
②レンズ口径(Aperture)  → 76mm(FCT76のレンズ直径)
③レンズ口径からどれだけ縁(余分)を撮るか(Edge thickness) → 20mm(76mmに20mmの縁を付ける)

BM1.jpg
↑Bahtinov Focusing Mask Generator入力画面

通常はこの三つのデータを入力すれば良いのですが、
バーティノフマスクを付けて見る星像はかなり暗くなります。
自分のは口径も小さいので、
スリット枚数を通常の2倍設定にしました。
※スリット枚数を増やすと星像は明るくなります。(天ガT.G.Factory)

BM2.jpg
↑拡張機能によりスロットの本数・角度等色々設定できます。

後は「Generate」ボタンを押せば画像データが作成されます。
但し、できたデータはSVGデータ(ベクトルデータ)なので簡単に取扱いできません。
※アドビイラストレーターはOKですが高価です。
なので、
自分は一旦このファイルをInkscape(フリーソフト)という画像処理ソフトに読み込ませ、
PDFファイルに変換して使用しています。

なんとか作成できてやれやれですが、
用事が多く、
天気の悪い日も多く、
中々試写に行けません。
早く晴れないかね!
b( ゚∀゚ ) ニ゙ッ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 日曜はダメよ  2014/12/07 (Sun)
MC1.jpg
↑市民音楽祭(ポポロ) 2014.12.7/写真は残念ながら他のグループです。

毎日星ざんまいとはいかず、
本日はギターアンサンブルにて第16回みはら市民音楽祭に参加しました。
もう5回目です。
だいぶ慣れてきたような気がしますが、
やはり (*´Д`)=3ハァ・・・

昼からは打ち上げと言うか忘年会で1日つぶれます。
バーティノフを早く作りたいのですが、
月齢が大きいので出撃はなし。
まあはいでしょう。
ヽ(・∀・)ノ

MC5.jpg
↑出演した三原市芸術文化センターポポロ/それにしてもギャラリーの少ないのはさはさびしい!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Ori002.jpg
↑三ツ星周辺/2014.11.29(撮影はMさん、宇根山キャンプ場で撮影) トリミングなしの画像です。
カメラ等 :EOS6D(SeoSP4改造)+Ε130(fl430mm,F3.3)、露出24min(2minX12枚コンポジット)
赤道儀等:ビクセン SXD2+QHY5IL-II+PHDでオートガイド
画像処理:ダーク/フラット、コンポジットはSI、PSElements11で最終処理

実はEOS6Dのほんとうのファーストライトは星友Mさんでした。
と言うのも、
撮影当日メインのFCTはドック入りしており、
画質の悪いズームレンズしかなく、
せっかくなのでMさんにお貸しして撮ってもらいました。
※自分もフルサイズで撮るΕ130の画像に興味アリアリと言うのも理由です。

結果、
上弦の月明かりが残っていたにもかかわらずすばらしい写真が撮れました。
それにしてもΕ130の画像はすばらしい!
Σヽ(`д´;)ノ うおおおお

さっそく画像処理してみましたが、
やはりと言うか、
ケラレの影響が長辺に出ました。
作例の長辺上左から右方向に白くなっているところです。
長辺下にも出ていますが、
画像処理を少し控えることで、
何とか目だたなくしています。

せっかくのフルサイズなので何とかトリミングせずに使いたいところですが、
改造するのは怖い!
(´Д`;)/ヽァ・・・

ところで、
画像処理の超初心者は、
ステライメージ(SI7)のこんなところを見つけました。
と言うのは、
ダーク、フラット補正のバッチ処理において、
同時にフラットのダーク補正もしないと、
ちゃんとフラット補正してくれないようなのです。

Ori003.jpg
↑ケラレがそのまま出た画像。/上と同じ画像ですが、フラットのダーク補正をしていません。

いくら画質調整しても周辺減光と上下に明瞭なケラレがでました。
カメラレンズでも周辺減光が明瞭に残ります。

DFBach処理
↑同時に○で囲んだフラットのダーク補正処理をしないととんでもないことに・・・

日中撮るフラットのダーク補正なので、
ホットピクセルなんてほとんどあるはずもなく不要と思っていましたが、
これはいったいどういうことなのでしょうか?
さっぱり理屈がわかりません。
(√◎◇◎*)

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。