back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 星の海  2015/04/30 (Thu)
no2.jpg
↑いて座~たて座の天の川 2015,04,26 03h04m-(EOS6D+EF135mmF2(3.5) ISO1600,60分露出(4分×15枚コンポジット))

高野町の続きです。

薄明開始まであと1時間もありませんでしたが、
せっかくなので、
定番の視野ですが天の川の一番濃い辺りをパチリ。
と、
正に星の海。ヽ(゜▽、゜)ノ

天の川を海に例えるのなら、
このあたりは重力と言う波に洗われた干潟というところでしょうか。
大きな散光星雲M8がハマグリなら、
M20・17・16はアサリでしょう。

それにしても、
この小さな砂粒のようなひとぶひとつぶが全て太陽と同じ星とは、
理屈では分かっていても・・・
宇宙(そら)の大きさ・深さをを感じます。
Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

IG01.jpg
↑周辺星図(SN10)

元画像の天の川はきれいですが、
ブログに掲載すると圧縮がかかり汚くなります。
せっかくの天の川がだいなしなるので、
今回はできるだけ大きな画像で掲載しました。
何とか雰囲気を味わってもらえると思います。

これで高野町第1回遠征シリーズは終了。
次回の遠征が楽しみです。
(゚ω゚=)ノ =3 =3 じゃぁね

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 さそりの頭  2015/04/28 (Tue)
ST001.jpg
↑さそり座頭部 2015,04,25 01h22m-(EOS6D+EF135mmF2(3.5) ISO1600,84分露出(4分×16枚コンポジット)) 約11度の視野に切り出しています。

高野町の続きです。

やはり狙うのはさそりの頭。
色とりどりの星雲に囲まれ全天で一番カラフルな星野と言われています。
ところが構図に執着しすぎ、
ジュニアギアー雲台(マンフロット)のつまみを動かしながら何度もテスト撮影をしたあげく、
縦構図にするか横構図にするか悩み、
結果時間がなくなり、露出時間(枚数)もなくなり、
何とも中途半端な絵になってしまいました。
当初は2時間半はいけると思っていたんですが・・・
(;´д`)トホホ…

星図の上では右端中央のδ星から下にかけ星雲(分子雲みたいです)がありますが、
視野からはみ出した挙句露出不足でさっぱり。

次回こそリベンジじゃ!
ヽ(☆`Д´メ)ノ

※EF135mmF2は輝星の回折像さえ気にしなければ周辺まですばらしい星像ですが、
今回は周辺の星像に乱れがあり、ピントが微妙にずれていたのではないかと思われます。
しかたなく露出時間を稼ぐため出来の悪い画像も全てコンポジットしました。

※FSQは本日ドック入りのためタカハシへ発送しました。
GWの期間中なので何時治るものやら?ですが、素晴らしい状態で戻ってくるものと信じております。
タカハシさんがんばって!フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 昇天河  2015/04/26 (Sun)
Amanogawa003.jpg
↑昇る夏の天の川 2015,04,25 02h27m-(EOS KissX5+Sigma 15mmF2.8(F4) ISO800,12分露出(4分×3枚コンポジット)) 庄原市高野町

尾道松江道が開通して一か月余り、
たしかに山陰に行くには便利になったけれど自分にはあまり関係ないと思っていました。
ところが、Mさんより光害マップ(天体観測マップ)からはずれたすばらしい空のところがあるとお誘いがあり、
望遠鏡を担いで遠征しました。

場所は庄原市高野町緑地公園周辺(標高700m)です。
結果は上の写真が示すとおりですが、
東を除き(毛無山が背後にある)水平線までよく見えます。
たぶん、車で行けるところとしては県内トップクラスの星見の場所と思います。
とにかく、さそり座の全景をあんなに綺麗に見たのは久しぶりでした。
+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚

Mさんによると冬場はもっと綺麗とのことです。
尾道松江道を利用すれば所要時間は片道2時間弱で行けるので、
今後は多いに利用したいと思います。

※初めての場所、すばらしい銀河の眺めにあたふたしたのか、残念ながら上記写真のダークフレーム撮影を失敗しました。
修業が足りませんです・・・(*´Д`)=3ハァ・・・

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
N70001.jpg
↑北アメリカ星雲 4/23 03h18m- FSQ106ED+RD645+EOS6D(380mm,F3.6,ISO1600,40分露出(4分×10枚コンポジット))

前回の続きです。

ほんとはさそり座の頭部を二時間かけて撮るつもりでしたが、
うす雲があるのか、
思うほどさそり座がよく見えません。
(;´д`)ゞ
東の空を見ると、
早くも白鳥座の姿が見え、
さそり座付近よりよほどバックが暗いのです。
と言うことで、
10コマほど撮影しましたが、
急きょ撮影対象変更。
狙うのは勿論、
さそり座の次に撮りたいと思っていた北アメリカ星雲(NGC7000)とペリカンです。
薄明開始まであと1時間もありません。
大慌てで撮影スタート。
何とか10コマものにすることができました。

朝焼けの中、
眠い目をこすりながら、
事故を起こさないよう注意して帰宅。
2時間ほど仮眠し、
画像処理にかかりました。

1枚画像でもけっこう北アメリカ星雲がよく見えるので、
10枚コンポジットとしたらどんなあんばいか、
ワクワクしながら処理しましたが、
案の定と言うか、
正に作品レベルの出来に思わず見とれてしまいました。
O(≧∇≦)O イエイ!!

と言うことで、
ここまでは良かったのですが、
よく見ると画像の左上がおかしいのです。
中央に比べ、
間違いなくピンボケでふくれています。
さらによく見ると、
他の隅も星が流れたりいびつであったりと、
四隅とも星像が正常ではありません。
しかも状態が全て異なっています。

106gazounojyoutai.jpg
↑等倍で切り出した四隅と中央の画像。

と言うことで、
せっかくの画像ですが丸くカットして公開することにしました。
とにかく中央はすばらしいです!

翌日販売店と相談しましたが、
どうもドック入り確実の様です。
(*´Д`)=3ハァ・・・

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 テスト撮影の夜  2015/04/23 (Thu)
HGonbei.jpg
↑夏の天の川(2015,04,23 03h43m) EOS KissX5+EF35mmF2→F2.8,ISO3200,15秒露出 世羅西町

やっと天気の日が・・・
勿論望遠鏡を担ぎ星友MさんとFSQのテスト撮影に行ってきました。
先日は薄靄中の撮影で納得いくものではありません。
今日はリベンジを果たすべくもうひとつ空の暗い世羅西での撮影。

GPV天気予報は、
夜半過ぎて少し雲が通過するが概ね一晩中晴れの予報です。

到着してみると、
真冬の天気とは比べられませんが、
前回よりだいぶ良い天気で、
夜明け前には夏の天の川を十分堪能することができました。

そして、
時間待(望遠鏡が自動で撮影しており手持無沙汰。)の間、
ひさしぶりに星景撮影に夢中になりました。
残念ながら一番短い玉で35ミリしかなかったので、
十分情景を伝えることができません。
アートラインの24ミリが欲しくなりました。
※物欲退散!((((( ヾ( ゚д゚)ノ゛ )))))バリヤー!

今回の撮影目的は前回と同じさそり座の東部ですが、
昇ってくるまでにだいぶ時間があります。
何を撮ろうか思案しましたが、
天頂付近の銀河は皆さんけっこう撮影されており、
面白くないと思い、
少し南に低いのですがM83(うみへび座)を選択。
※へそまがりです!( ̄ー ̄)ゞ フフのフッ

M83001.jpg
↑M83 4/22 23h27m- FSQ106ED+EOS6D(530mm,F5,ISO1600,28分露出(4分×7枚コンポジット))

ついでにもう一コマと言うことで、
有名なM13(ヘラクレス座の球状星団)もパチリ。
M13001.jpg
↑M13 4/23 00h09m- FSQ106ED+EOS6D(530mm,F5,ISO1600,30分露出(5分×6枚コンポジット))

と言うことで、
本日はとりあえずの遠征報告でした。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村




Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。