back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 れっといっとびい  2015/08/31 (Mon)
IMG002.jpg
↑パンフレットと銀賞トロフィー

昨日ギターフェスティバルが終り、
今日はまったりしています。

驚いたことに、
重奏部門で銀賞をいただいてしまいました。
(●0●)マジで?

いっぱい間違え、
手がもつれ、
それでも止まらず、
何とか最後まで、楽しく(?)弾くことができました。
※自己採点で70点の出来。
じじー二人の難行苦行に、
審査員の先生の心が動いたんでしょうか?

IMG_7450.jpg
↑会場のリーデンローズ(福山)

それにしても、
飽きもせず(ほんとは飽きました。)9ヶ月も同じ曲(カルリ・ロンド)を練習したなんて、
自分自身に驚きですが、
これもS先生の熱烈指導と相棒Mさんのフォローのおかげと感謝しています。
m(_ _)m ~★

IMG_7465.jpg
↑写真は別人

最後の2週間は思うように弾けず、
あせりと切迫感でメロメロの状態でしたが、
視聴者の疑問に答えるラジオの番組で、
"let it be"と"let it go"の違いについて解説があり、
ふと気が付きました。
 勿論、
"let it be"の方です。
キリスト教では「神のみ心のままに(ゆだねる)・・・」
そんな意味なんですね。

欲を出し、
上手く弾こうと考えるから、
苦しくなり弦をはじく指も動かなくなることに気が付きました。
欲を捨て"let it be"になって楽になりました。
•キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!

アーメン(南無釈迦牟尼仏)!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 P群の夜に  2015/08/14 (Fri)
20150803P2.jpg
↑ペルセウス座流星群(右上中ほど) 2015,08,13 by EOS5DMarkⅢ+Sigma15mm対角魚眼(三原市本郷北江良沖)

本日はペルセウス座流星群ピークの日。
天気が悪く見ることはできないと思っていました。
ところが、
寝床から網戸越しに星が見え、
外に出てみると雲の切れ間に星が綺麗。
ヽ(`Д´)ノ

あわてて、
カメラを抱え近くの田んぼの中に走りました。
涼しくなるとマムシが出るので、
農道に架かる橋の上にカメラをセット。
恐る恐るの撮影・・・

生憎、
撮り始めたとたん、
次から次へと雲がわいてきて空を覆い・・・

20150813P1.jpg
↑データは上に同じ(毘沙門山の上に小さな流星が見えます。)

静止撮影で200コマ撮影しましたが、
大方のコマは流れる雲に覆われ、
わずかに写った流星もレンズが対角魚眼なので、
画像は非常に小さくて迫力がありません。

でもまあ、
久しぶりに見る星空はめちゃきれいで、
心あらわれるようでした!
ヾ( ゚∀゚)ノ゙

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 テスト撮影  2015/08/07 (Fri)
NANebPeriNEb.jpg
↑テスト撮影画像 2015,08,05 FSQ106ED+R645RD+EOS6D(380mm,f3.6,total50min) 夜露もひどかった!

天気は良いはずなのに空は白いフィルターをかけた様、
星を撮るような空ではありません。
しかし、
Mさんに誘われ、
戻ってきたFSQのテスト撮影と割り切って出かけました。

タカハシ製作所からFSQが戻ってきたのは7月9日、
もう1か月ちかくなります。
この間天候がすぐれないことに加え、
行事が続き、
さらに足を痛めたこともあり、
星撮りごんべいはさっぱりでした。

こんな天気なので、
撮影場所はどこでも良かったのですが、
あわよくばとの思いもあり、
結局撮影は世羅西町。
※宇根山はナイターゴルフのため夏は使えません。

到着してみると、
案の定空は白けており、
少し躊躇しましたが、
白鳥座周りの天の川が見えていたので、
テスト撮影ゴー。

しかし、
持ち帰った画像を処理しても、
いけません!
( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

天気のいい時に撮った15分露出の写真より写りが悪い。
さらに、
白けた空に光害が追い打ちをかけたのかと思いますが、
いくら頑張っても思うような色調になりません。
と言うことで、
今回の写真はモノクロ掲載としました。

yosumi.jpg
↑FSQのセンターと四隅の画像。(等倍拡大、360×360ピクセル)

肝心のテスト撮影結果ですが、
中央・四隅ともピントはきていますが、
四隅の一部(特に右下の画像)に星像の流れや、
歪を確認しました。
新品と交換のときですが、
「周辺部まで像の平坦性を確認した新たな鏡筒と交換させて頂きたいと考えております。」
とタカハシから連絡があったので期待していたのですが、
残念でした。

工場内での調整には限界があり、
最終的には写真撮影しながらカットアンドトライで詰めていかなければいけないらしいので、
仕方ありません。

でもまあ、
等倍拡大した四隅の一部だけであり、
A3程度にプリントしても分からないとは思います。
まあいいいか・・・
(´Д`;)/ヽァ・・・

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。