back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20150914sennyougahara01.jpg
↑いい天気みたいですが?/2015,09,14(EOS5DM3+Sigma15mmF2.8FE) 仙養ケ原駐車場

久しぶりの好天気の予報(GPV)に、
星友Mさんの車に便乗させてもらい高野町(毛無山牧場周辺)に出かけた。

途中、松江道から見る夕焼けは抜群にきれいで、
すばらしい夜を予感させたものの、
高野町が近づくにつれ北天低空には黒雲が見え始め、
撮影予定の場所は流れる雲の真下だった。

それでも、
雲の切れ間から見える星空は抜群なので、
1時間余り雲の切れるのを待ってみた。

ところが、
気が付くと北東にある毛無山の稜線は白いガスに覆われており、
どうも今いる場所に向かってガスが迫っているような様子。

しかたないのでここをあきらめ、
少し遠いが神石高原町(仙養ケ原)に撮影場所を変更した。

松江道で世羅まで引き返し、
仙養ケ原に到着したのは午後10時半。

少々遅い到着だったが、
新月の夜であり、
朝まで好天気が予想されているので、
はりきって赤道儀をセット。
重いFSQ(直接焦点・530ミリ+EOS6D)も載せた。

しかし、
オートガイドでテスト撮影を始めたが、
どうもうまくガイドができていない。
PHDのグラフを見ると、
赤経・赤緯共大きく上下に動いており、
なんどやってもおにぎり型の星像にしかならない。
PHDのパラメーターもいじってみたが、
やはり×
強風と言うところまではいかないと思うが、
※風速2~3メートルの風が断続的に吹いている。
架台(VixcenSXP赤道儀)が少々ひ弱なので仕方なしと判断。

どうしたものか思案していると、
Mさんより「空が良くない!」との声があり、
見上げた空は薄い雲に覆われ潤んでいた。
高梁・福山方面の町灯りで地平低いところが明るくもやっている。
大きな雲も飛来しており、
とてもこのまま撮影できそうな雰囲気ではない。

と言うことで、
ここでノックアウト(撮影終了)となった。

ところが、
かたづけている最中Mさんより声があったので、
行ってみると、
PHDのグラフが非常に安定して、
ガイド誤差が非常に小さくなっていた。

その原因は、
望遠鏡に取り付けた延長フード(露よけ対策用)を外したことだった。

F1.jpg
↑Mさんはイプシロン130Dに延長フード使用

【反省事項】
①高野町の観測地がだめな時は、近くに代替え地を確保すること。
 ※仙養ケ原までの移動は遠すぎる。
②風のある時は望遠鏡での撮影はあっさりあきらめ、カメラレンズでの撮影に切り替えること。
 ※貴重な時間がもったいない。
③風があるときは延長フード等風であおられるようなものは取り付けないこと。
④温度によるピント移動が激しいFSQの夜露対策は乾燥空気によるものも検討すること。
⑤無風状態でないとMT160(1000ミリ)の使用は不可能と考えるべし。(VixcenSXP赤道儀)
 ※やってはみたいが歩留まりが悪そうだ。
⑥風除け対策として星幕等検討すること。

いつも反省ばかりで、
まともな写真が中々撮れないが、
これに懲りずまた頑張るぞ!
ヽ(☆`Д´メ)ノ

それしても真夜中の300キロ近いドライブはしんどかったネ!
Mさんお疲れでした。
(*´Д`)=3ハァ・・・
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

こんばんは。
なかなか思うに任せませんね。
出撃していればいつか千歳一隅のチャンスに遭遇する事でしょう。

Mさんのコメントにも書きましたが、風対策には天文ハウストミタの「星幕」が有効かも知れません。
設置が大変そうですがね(笑)

2015/09/15(Tue) |URL|ろどすた [edit]

ろどすたさんへ

今年は天気の悪い日が多くてかないません。
せっかく交換してもらったFSQ106EDですが、
実質的なファーストライトにまだなっていません。
これから冬に向かい季節風もひどくなるので、
風対策何とかしたいです。
星幕いいと思いますが、
運用はちょい辛いですね。

2015/09/16(Wed) |URL|yasukaU [edit]
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。